赤ちゃんの体重が重かったり、お母さんの身体が細かったりすると、抱っこヒモでは負担になります。そこで登場するのが、ベビーカーです。通販でも、カワイイデザインのベビーカーがたくさん売られていて、見るだけでも楽しいものです。買い物カゴが付いていれば、ちょっとした小物を入れることができます。

スタンダードなベビーカーは、赤ちゃんの顔に直射日光が当たらないように日除けが付いていて、お母さんが赤ちゃんの顔を見ながら押して歩けるタイプのものです。赤ちゃんの座るところは、衝撃が少なくなるようにクッション性の高い素材が使われています。

それとは逆向きで、お母さんが赤ちゃんの背面に回って押すタイプのベビーカーがあります。赤ちゃんの顔を見ることはできませんが、赤ちゃんはベビーカーに乗りながら周りの景色を見ることができるので、楽しく乗っていてくれるかもしれません。

国内のベビーカーといえばコンパクトに折りたためて軽量な4輪タイプのものが主流ですが、最近は3輪タイプのベビーカーも増え、通販でも売られています。3輪タイプのベビーカーは、お洒落なデザインのものが多く、小回りが利くので操作しやすいというメリットがありますが、簡単に折りたたむことができないものや重たいものが多いというデメリットもあります。購入する際には、利用環境や使用目的を考えてご自身に合ったものを選ぶと良いでしょう。